手術で胸に挿入するインプラントは何でできているの?

豊胸術には、メスを使わずに充填剤や脂肪などを注入するタイプと、手術でバストに直接インプラントを挿入する方法の2つに分かれています。一回でカップのサイズを大きくしたい人や、半永久的に大きなバストを維持できる方がいい場合は、インプラントが最適です。豊胸手術では、以前は生理食塩水入りのバックが使用されていました。現在では生理食塩水に代わって、シリコンでできた豊胸用インプラントを挿入するクリニックがほとんどです。

シリコンバックも進化しているので、触り心地が自然で違和感がなく、拘縮を防ぐためのマッサージをしなくても柔らかさを維持できるものが増えました。今のシリコンバックはグミ状になっていて、バックの中身が体内にもれないタイプです。

プチ豊胸で使われる素材はどんなものなの?

半永久ではなくてもいいから、大きなバストになってみたいと思っている人たちが利用しているのが、注射で充填剤を加えるプチ豊胸です。素材の種類も豊富で、人体のあちこちに存在しているヒアルロン酸や、ほとんどが水でできているアクアフィリングなどが使われています。美容医療に用いられているヒアルロン酸はアレルギーの心配がない反面、吸収されやすいという特徴がありますが、クリニックの中には低吸収性のヒアルロン酸で豊胸しているところも多いです。

充填剤を体の中に入れることに抵抗がある人は、自分の体にある余分な脂肪を胸に入れる方法もあります。新しい脂肪注入法なら不純物が混じらないので、豊胸後にしこりができる可能性も低くなりました。