豊胸の方法にはどんなものがある?

一般的に言われている豊胸には、3つの方法があります。まず、ヒアルロン酸豊胸です。ヒアルロン酸豊胸は、施術を受けても永遠に持続するわけではありません。注入するヒアルロン酸によって数か月から3年位の幅があります。次にシリコンバッグを使用する豊胸法です。シリコンバッグという人工物を入れるため、一度手術を行えば大丈夫であると考えている人もいますが、10年に1度はシリコンバッグを取り替えた方がよいと言われています。最後は、脂肪注入術と呼ばれる方法です。これは文字通り脂肪を注入する方法であり、一度注入した脂肪は、身体の一部として定着していきます。脂肪注入の場合、注入直後のボリュームではなく、1ヵ月後の腫れに引いた状態が基準となることを知っておく必要があります。

どの豊胸方法がいいの?

豊胸には3つの方法がありますが、どの方法がよいのでしょうか。豊胸術は、どの方法で行うにしてもお金がかかります。また、それぞれにリスクがあるのも事実です。それらのことを把握した上で、自分にとって最適の方法を選択しなければなりません。最も気になる点は、豊胸効果の持続という点でしょう。一度の施術で豊胸効果が永遠に続くのならば、一生物の理想の胸を手に入れることができたということになります。それぞれの方法でメリットやデメリットはありますが、一生という意味合いを重視するならば、脂肪注入が一番理想に近い方法かもしれません。一度注入した脂肪は、体内の組織として定着してくれるので、シリコンバッグのように取り替えたり、長くても3年で効果がなくなってしまうヒアルロン酸とは違います。それぞれの特徴をしっかりと知っておくことが、何より大切です。